2007年07月10日

健診

昨日、健康診断に行って来た。何年ぶりだろ?
10時からの予約だったので、9時過ぎに家を出るが・・・途中で問診表とかを忘れたのに気がつき、取りに戻ったりして。

血圧・・・上が92、下が58。ちっと低いな。
採血で妙に勢いよく血が出る。
今まで健診に行って採血するときは、苦労していたのだ。
まず針が入らない。血管が出てこない。針刺すと血管が逃げる、やっと上手いこと針が入ったかと思うと血が出てこない・・・など、まぁ採血する人はいつも苦労していたが、昨日はそんなことはまるきりなくて、すんなりと採血。あまりにも勢いよく出て行く血に自分でびっくりして・・・つい看護士さんに「勢い、いいので元気そうですよね」とか馬鹿なことを言ってしまった。

身長、体重、腹囲。どれも増えている。これにもびっくり。
この年で体重やらおなか周りが増えるのは当たり前だと思っていたが、身長が増えている!?とは言っても6ミリくらいだから、誤差の範囲かな?家に帰って母に話すと、「三味線やって姿勢がよくなったからじゃない?」と言われた。そうなの?

レントゲン、心電図なんかやって、その後乳がんの検査して終了。

あまりに久しぶりに健診なんか受けたので、何故か今から結果が楽しみだったりする。
posted by こてちゅ at 14:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

何が悪い!?

ちょっと、今日は2題に分けて更新を。

前にも書いているのだけれど・・・
おいらは「派遣社員」という雇用形態をわざわざ選んで仕事としている。
職種は「システムエンジニア」とか「プログラマ」でいわゆる技術職であり、なかなかの花形職業のようである。

さて、最近この「派遣社員」なるものが色々と注目されている。
TVドラマにもなったし、「ネットカフェ難民」が短期の派遣で生計を立てているとか・・・兎に角色々と話題になるのだ。
んでもって、自ら派遣社員であるにもかかわらず、この派遣社員を正社員と比べて社会のごみのように言う輩がいる。
これがおいらには本当に許せない!!

昔、派遣社員は即戦力であり、10年以上は実務経験があり、専門職でスーパー社員で給料も高く・・・それが、いまじゃ正社員になれなかった人の救済措置のように派遣社員の制度があるような言われようである。

ちょっと前まで派遣社員だった人が
「派遣なんて早くやめた方がいいよ。社会の役になんてたってないんだから・・・」と。
なんだと!?
おいらはね、自分で派遣社員という雇用形態を選んで、好き好んで派遣社員で働いているんだよ!?
それを・・・あぁ、むかつく。

正社員の立場で、今のような待遇があるとはおいらには思えない。三味線と仕事の両方をやるためには、正社員では絶対に無理。正社員で10年以上頑張って、どこでも認められるプログラマになれたからこそ、派遣社員でも同じだけの給料をもらうことも出来ている。(多分、それ以上もらってる。もろもろを考えれば。)

おいらは、今の自分にプライドがある。
三味線も仕事もプライドを持って取り組んでいる。
誰にも文句言われる筋合いはない!!

派遣社員で何が悪い!?
正社員のどこが偉い?公務員のどこが偉い?(昔はえらかったかもしれないけど・・・)
そんじょそこらの正社員なんかよりも、よっぽど仕事が出来るというプライドは捨てていないぞ!
生活のため、人生を謳歌するため、自分が幸せだと感じるために生きて働いているんだ。
正社員だろうが派遣社員だろうが、自営業だろうが、働いているんだ。税金も保険も年金もきっちりと払っている!!

もう一度。
誰にも文句言われる筋合いはない!!!
posted by こてちゅ at 12:54| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

民謡?演歌!

昨日、津軽ひろ子さんの歌謡ショーへ行ってきました。
津軽さんの民謡のテープがあるので民謡歌手のイメージがありました。

2時間近くのショーでほとんど唄いっぱなし。
だが・・・民謡は
・津軽じょんから節(タバコ吸ってて聞けなかった)
・南部俵積み唄
・津軽山唄
のみ。
じょんからと俵積みは伴奏をテープにて。山唄は伴奏なし。
まぁ、仕方ないです。伴奏者を伴えばそれなりにお金がかかりますから。
でもね。ちょっと違和感。舞台なのにCDを聞かされている気分でした。
民謡の素朴さよりも、演歌の延長みたいな・・・そんな感覚。これは、伴奏がテープだからなんでしょうか?
民謡の舞台って、やっぱり生伴奏の方がらしくていいですね。
posted by こてちゅ at 12:49| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

火鉢と鉄瓶のその後

12月末に火鉢の話をBlogに書いたのですが・・・
そのときに鉄瓶が曲者でってお話、覚えておいででしょうか?

色々とやりました。
まず、錆落としや鉄瓶の汚れを取る方法をインターネットで検索。
いくつか方法を見つけ、それを試行錯誤。
そのいくつかを紹介します。

まずは外側の錆と汚れ落し。
鑢で擦ったりする方法があったのですが、どうにも思ったようには落ちてくれませんで・・・うちでやった方法は・・・
木工用ボンドを100均で買ってきて、それを鉄瓶の外側にお化粧パックよろしく、べったりと塗りたくり乾いちゃぁ剥がし・・・何回やったかなぁ?150グラムのボンドを1本半使いましたからね。見る見るうちに綺麗になっていくのです!!もう、ボンドを剥がすときの汚さと爽快感!

内側はやっぱりお湯を沸かしますから、ボンドって言うわけにも行かないので・・・
まずは一番いいと書かれていた、お茶の出がらしを煮る。綺麗になったのか?あまり効果が目に見えないので、違う方法はないかと考えました。
すると、インターネットで野菜の皮とかを煮るといいと書いてあったので、そっちに切り替えることに。
でも、うちでは毎日米のとぎ汁と野菜や果物のくずを煮込みました。毎日出るお米のとぎ汁。灰汁をとったり煮物の下ゆでに使ったりするのですから、わざわざお水を汲むよりとぎ汁で十分!とか思ったのです。
ついでに野菜の皮や果物の皮なんかも料理をすればある程度は出ますし、うちは果物好きで、毎日果物を食べる習慣です。みかんやりんごの皮はこの時期は絶対にありますからね。
これが抜群に効果を発揮してくれました!

毎日夕食の支度をするときに火鉢にかけて、寝る前に煮たものを捨てて余熱で内側を乾かし、ちょっとさめたところで外側にボンドを塗って・・・
外側を先行してやっていたので、外側の方が時間はかかりました。
内側は1週間ほどですっかり綺麗になり、その鉄瓶で沸かしたお湯はなんとなくやわらかい味のするお湯です。(コーヒーがうまい!)

トータル3週間ほどでした。
今では大活躍中の火鉢と鉄瓶でございます。
posted by こてちゅ at 14:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

ハケンの品格

ってドラマが日テレで始まりました。
いっぱしの正社員を10年以上、今では派遣社員の立場のおいらなので、とても興味深くドラマを見ました。

なかなか面白い。
賛否両論あろうけれども。
それにしても・・・「派遣社員」って世の中では偏見の目で見られるのかしら?
あまりそういう目にあったことはないのだけれど、ネットや色んな話を聞くとかなり待遇が悪かったり、いやな目にあったりしている人も少なからずいるようです。でも、そういうのってみんなが「派遣」という働き方を十分理解していないからなんだよね。働く本人もそれを受け入れる人や企業も。

あのドラマの2人の派遣社員は、かなり両極端な気がする。(確かに、どちらも実際に居るけどね)
一方は自分のスキルに自信があって、自分の立場を押し通す。仕事の内容は職人技だけど、あまり人との関わりを持ちたがらない。
もう一方は、正社員での就職ができなくてスキルもビジネスマナーも社会人としての自覚もない、ただ収入がないと困るから仕方なく派遣を選ぶ・・・(ま、今回のドラマでは、この動機は不純だったのがどう変っていくのかも見せようというところのようだ)

人によっては、「派遣ってそんなにいいもんじゃないよ」とか「派遣ってすごいんだぁ」とか感じ方は違うでしょう。
でも、結構いいとこ突いてるなぁ、っていうのもあります。かなりデフォルメされていることも考えつつ、こういう働き方も選択肢の一つなんだとみんなが思ってくれて、その制度について少しでも興味を持って理解して行ってくれるきっかけにこの番組がなればいいと思います。

すごい支離滅裂だけど・・・それが今回の感想です。
(って、前に似たような話を書いた気もするが?まぁいいか)
posted by こてちゅ at 13:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

おたのしみ!

皆さんは年末ジャンボ宝くじ買いましたか?
一応、うちではジャンボ宝くじを買っています。
昔は父が6000円、おいらが3000円の割合で買っていました。
数年前は2人とも6000円と折半の時期もありました。
ここ最近では、逆転しましておいらが6000円、父が3000円、母が900円となっております。

この割合になってから、なぜか配当金がぐんぐんあがっております。
前は末等の300円のみだったのが・・・
すっかり忘れていたオータムジャンボ。小額ながら末等のすぐ上のが当たっていたそうだ。父が300円×3枚の900円をもらって年末ジャンボを買おうとしたらお釣りが多くてびっくりしたそうな。
んでもって年末ジャンボである。着実に金額UPの配当なのだ。
「大みそかラッキー賞」とかいうのが当たっているようである。(実際にもらってみないことには信じがたいのだが。)

ということで、宝くじを買った金額よりも多い配当になりました。
でも、3人で1万円・・・去年のおいらの500円玉貯金の配当が一人5千円。
さて、このあぶく銭をどうやって増やそうか。
posted by こてちゅ at 17:31| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

火鉢♪

去年の初冬、母の実家から使っていない火鉢をもらってきた。
色々と試行錯誤。
昔の人はすごい!火鉢のありがたさを実感した。
(去年、灯油がすごく高くて)

今年も11月の末に火鉢が出動!
三味線を練習している部屋用に火鉢がほしいと思っていた。
エアコンの暖房は風が出るので練習を始める前に暖めて、三味線を出したら切る。と、10分くらいで寒くなる・・・
ほんわかと暖かい火鉢をおいておけば、お茶もすぐに飲めるし。

で、土曜日に近所にできた骨董屋さんへ火鉢を探しに行ってみたが、その日は他のところで骨董市が開かれているようで、めぼしいものがなかった。
翌日もう一度!
店先に火鉢が沢山おいてある。目に付いたのは角火鉢。
ちょうど母とおいらが小さい頃に祖母が縫い物をする傍らに木の箱の角火鉢があったことを話していて、「ああいう、手あぶりていどのがほしいね」と話していたところだった。
木の角火鉢は2つ。
桐でできていて女性ものらしい(下のほうに細工がしてある。ってこんなものにも女物を作る昔の人の感性がすごい!)、中はブリキかな。
もうひとつは欅かな?どっしりした感じで中は緑青が浮いていたから、確実に銅。アカ。
1000円と2000円。おっ。意外と安い。
2つとも買っちゃおー。だって、セール期間中だしぃ。

で、鉄瓶もほしいと思っていたので、いろいろと物色。
五徳と灰掻きはサービスでつけてくれるという。
おほほー。んじゃ、鉄瓶もちょっと奮発しちゃうもんね。
ってことで、〆て一万円なり!

ところが!
この鉄瓶が曲者だった・・・
うーん。それなりに使えるようになるには1ヶ月くらいかかるかもしれない。
中の赤錆がものすごいし、外側の汚れも半端じゃない。
でも、なんか楽しみが増えた気がする。

火鉢はものすごく色んな効果がある。使い方さえ間違えなければ、こんなエコな道具はない。
まず、空気を汚さずに部屋が暖まる。
灰が飛ばないか?と心配になる人もいるだろうが・・・ま、多少は飛ぶけど、石油ストーブのような油を含んだ汚れはつかないから、掃除が楽です。
一晩中つけておくので、朝がぬくい!ちょっとは火を弱くして薬缶とか鉄瓶とかをかけておくので、地震などで倒れたとしても消火されるように設計されているのが火鉢なのだ。なので、夜の間つけておいても大丈夫!ついでに煮物なんか最適!
お餅がおいしく焼ける!遠赤外線だから、ものすごーくおいしいお餅がやけるのだ。焦げたらそのまま火にくべる。
インテリアとしても違和感がない。

まぁ、欠点を挙げるとすれば、今の住宅は機密性が高いので換気に気をつけないと一酸化中毒になる。といってもそんなになるほどでかい火鉢って・・・?って思うけどね。

費用対効果は現在調査中!
ただし、バーベキュー用の炭は長持ちしないことが判明。安いけど、あっというまに燃え尽きてしまう。5キロで1500円くらい?
最近では火鉢用の炭も売っているようだが、かなり高い。5キロで3000円!?
現在、自宅で炭を作っているというお店を発見!焼き鳥やさんなどに卸しているそうだ。ここの炭はかなり持ちがいいみたい。
5キロで千円。さて、これでどのくらいの期間持つのか・・・
posted by こてちゅ at 12:57| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ダウンしてました・・・

前回、スランプか?とBlogに書いたのですが・・・
全然違いました。
5日の日の朝から、おかしい現象がありまして。

通勤の電車で隣に座った女性、おもむろに化粧を始めました。
普段は・・・「なんだよー、くさいじゃんか!こんなところで化粧するなよなぁ」程度なんです。しかし、この日はものすごくこの臭いにやられちゃいまして、電車で吐きそうになりながらも会社に行きました。
んで、お茶を飲んだりして吐き気を誤魔化して、なんとか仕事をこなし、火曜日だったのでお稽古にも何とか休まずに行きました。

しかし・・・完全にダウンしてしまいました。
食欲はある程度あるにもかかわらず、吐き気がして嘔吐を繰返し・・・そのせいなのか熱がでて頭はボーっとして。まぁ、とりあえず気分的にはそんなにひどくつらくはないのに、立つと頭がくらくらするということで、仕事は休んでました。

で、土曜日になって大分体調も戻り、三味線の練習をしてみたところ・・・
元に戻ってました。

早い話が前回のBlogの調子の悪さは、完全に体調不良によるものと判明。
ってか、体調が悪いために三味線が調子悪くなったのは初めてです。
こんなこともあるんだなぁ。これは、三味線が上手になってきたから起こる現象なんでしょうか?だとしたらちょっと嬉しいかも。
ん?逆に下手だから、体調に左右されるのかしらん?などと思ってしまいました・・・まぁ、なんにしても体調管理をちゃんとしないといけないっすね。

ん?もしかして先月の疲れが今頃出てきたのかな。
もう今年の舞台、出演も見るのも全部終わったから、気が抜けたのかも。
んー。この時期でちょっとよかったと思ってしまいました。
また年が明けたら、いろいろ予定が入っていますからねぇ。
posted by こてちゅ at 14:26| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

早いなぁ・・・

昨日、誕生日。またひとつ歳を重ねた。「とった」というのは、この歳になったらなんだか似合わない気がしてきた。
歳月を経ていろんな意味で人生経験が積み重なり始めたような気がするので、「歳をとる」というより「歳を重ねる」なのだ。

この3年くらい、誕生日は普段となんら変わらない。
前は、誕生日の頃にディズニーランドに行って楽しんだのもだが。
まぁ、この時期、会の発表会かおさらい会があるし、他にも舞台が入ることが多いから、思うように遊びに行けないといった事情もあるし、なんせ遊んでくれる人が居ないからね。(早い話が3年前まではいたってことさ)

まぁ、そんな話はどうでもよくて・・・
自分の年齢を考えると両親の年齢もそれなりに上がっているわけですわ。
りっぱな高齢者でありますな。
カラオケだの踊りだの旅行だのと今のところ元気に過ごしていますが・・・
父も母も数年前に大病をしているで、結構心配しているのですが、そんなことはお構いなしなようです。


話は変わって・・・
東北や北海道はすでに雪の季節が到来したようです。
うちの車もそろそろタイヤを履き替えねば。
posted by こてちゅ at 12:44| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

踊り

父と同郷ですぐ近くに住んでいる人で、踊りの「吾妻流」をやっている人が居ます。その方は、流派の中でも結構高い位置に居る人で・・・
何年か前に国立劇場?だったかな、で大規模な公演が行われて、それに父が招待されて行った事がある。
近くには扇千景さんとかも居たらしい。きっと歌舞伎役者がずらっと並んでいる中、うちの父は何も知らずにそこに座っていたに違いない。
おいらだったら・・・もう興奮して「ファンなんですぅ」とかいってサインとかもらっていたかも。(三味線を始めてから見に行くことができないで居るけど、ちょっとした歌舞伎ファンです)

そのときの顛末をいろいろ聞いていたおいら、その父の知人が何かの舞台に出るときには見たいなぁ、とずっと思っていた。

で、近くの芸術関係の舞台でよく使われるホールで公演があるとの手紙が来たそうだ!ところが・・・その日、おいらは民謡の舞台があって行けない。非常に残念だ!!なので、父と母にはそっちに行ってもらって、おいらが見たがっていたと伝えてもらおうと思う。
民謡も好きだけど、踊りも好きだ。昔は、日舞もやってみたいと思ったことがある。ま、着物がらみであこがれていたのだけれど。

次の公演のときには、ぜひ見に行きたいものだ。
posted by こてちゅ at 10:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

お客様は神様

昨日、仕事を終えて家に帰る・・・いつもなら夕飯を食べて稽古に行くのだが、兎に角頭痛がする。うーん。風邪ひいたかな。土曜日に舞台があるし、無理せず休養しよう。

で、どうにも体がだるくて仕方ない・・・熱、出ているな、こりゃ。と思い、分厚い布団に包まってTVを見ていた。
教育TVで故三波春夫さんを語る番組をやっていた。
三波さんの有名な言葉「お客様は神様です」
これには深い意味があることを知った。

舞台での唄に対する姿勢、お客様に対する姿勢、舞台そのものに対する姿勢。
すべてがその言葉に込められていた。
「唄はすべてのお客様のために、そして一人のお客様のために。神様へ奉納する歌がいい加減なものでは失礼にあたる。すべての神様に歌を捧げる」そんな心意気で舞台を勤める・・・
客席のどこにいても、自分のために歌っているのだと客は錯覚するという。その会場に居るすべての人がそう感じるのだという。

客が居なければ、舞台は務まるものではない。
しかし、たった一人でもその舞台を見ようという人が居れば成り立つものでもあるのかもしれない。

「神様に奉納するための芸」
それは、その技術を持っているからこそできるのかもしれないが・・・
おいらは、会場に居るすべての人のために舞台をつとめることができるだろうか?技術は伴わなくとも、せめて気持ちはそこに居るすべての神様にそのときの自分の最高の芸を捧げよう。
posted by こてちゅ at 09:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

いっぱいあるけど・・・

民謡、三味線に関するBlogをかなり検索しまくって、いつも見ているのが大体30個くらいあります。
「三味線」をキーワードにしてBlogを検索して、民謡や三味線を習っていたり教えていたりする人たちのBlogを見ています。(プロもアマも含めてね)
中学生くらいの子から60代と思われる方まで、実に年齢層の広いジャンルです。
Blog人口はますます増えていきます。

こんなにいっぱい見ている割には、コメントをしているBlogはとっても少ないです。5つくらいかな。
逆も然り。
このBlog、結構多くの人に見てもらっているようです。しかも、着実に毎月訪問者数が増えている・・・うーん。
毎日見てくれる人もきっといるんだろうなぁ。
更新されていなくて、がっかりしている人もいるかなぁ?

でも、この手のBlogって結構はじめたはいいけど、書くことがなくてっていう人も多いようですねぇ。
まぁ、普通はお稽古も週に1回以下という教室がほとんどだろうし、お稽古の合間の練習なんて、毎日同じことの繰返しみたいなもんだから、特別書くこともないやって思ったり・・・
お稽古でやることだって、最初の1年くらいは新鮮だから、あれもこれも書くことがあるような気がするけど、ある程度弾けるようになってくると、曲が違うだけで特別なことはないような気になってきて、これまた書くことがなくなる・・・ということのようです。

その割りにおいらのBlogはなんだかんだと1年続きました。
書いている内容は、くっだらないことばかり。
おんなじようなことを何回も書いていたりするし・・・
ほかにもいろいろ書いてみたいこともあるような気もするけど、これが精一杯な気もするし。

んー。なんか支離滅裂だな。
何が言いたいかってーと・・・

民謡や三味線のBlogを書いている方、書いていない方、兎に角このBlogを見てくださっている方、たまーにでもいいです。
コメントくださーい!!
それをネタに次の何かが書けるかもしれませーん!!
って、書くことがないんじゃなくて、なんか反応がちょっとほしくなってきました。それをきっかけにして、Blog仲間を増やしたいなぁ、とたくらんでいます。
早い話が・・・
今までROM専門で見ていたBlogにもお邪魔していこうとおもっちょります。
あちこち出没します。
ネットだけでなく、実際にお会いすることも期待しまーす!!

って、ことで支離滅裂なまま、今日のBlog更新はおしまい。
posted by こてちゅ at 17:13| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

夢で

夕べというか今朝、ものすごく変な夢を見たので、ちょっとその内容を書いてみよう。(あくまでも夢での出来事ですから、かなり矛盾した内容も随所に有ります)


ある民謡の大会。(全国大会とか、民謡フェスティバルみたいなものすごい大会のようだ)
家元とおいらがいる。師匠もいるのだが、師匠はなぜか三味線も弾かなければ、ただいるだけって感じだったな。
裏方は大騒ぎ!TV中継もあるようで、てんやわんやの大騒ぎ。(ここでもいろいろあったようだが、あまり覚えていない)

木島裕さん(って知ってるかな?若手の民謡歌手でなかなかのイケメンです)ばりにかっこよくて若い唄い手さんが「本荘追分」を唄う。その伴奏をすることになっていたようだ。
で、その出番直前に、家元から「おまえ、たてをやれ」と言われる。
師匠も驚くが、それ以上においらが驚く!
お「む、無理です・・・」
家「無理じゃない。最初の掛け声だけやりゃぁ、後は俺が弾いてもお前が弾いても一緒だ。兎に角やれ!」
お「はぁ。」

家元が仰るのだ、やるしかないだろう。

で・・・
舞台中央に近いところにおいら、そして右側に家元。
司会が「・・・では、どうぞ!」という合図で、おいらの「はっ!」と言う掛け声で演奏が始まる。
前奏をやり、お囃子が入る。
次の瞬間!!
家元が本荘追分を熱唱し始めたのだ!!
いつの間にか三味線ではなくマイクを持っている。
おいらはぱにくった・・・一瞬、手が止まる。しかし、家元は気持ちよさそうにニコニコしながら唄うのだ。
パニクっている頭で考えた。
演奏をやめるわけにはいかない。おいらだけが今は三味線を弾いているということだから、兎に角音を止めてはいけないとだけは思っていた。
そして・・・


目が覚めた。
最後まで弾けたのかどうかははっきりしない。
兎に角、嬉しそうに楽しそうに唄う家元があまりにも印象的だった。
そして、その曲が「本荘追分」というのは何を暗示しているのやら。

だれか、夢占い出来る人がいたら、これの説明をしてください。お願いします。
posted by こてちゅ at 10:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ことわざ?

いつも「三味線」とか「民謡」とかをキーワードにしてBlogを検索しているのだが、今日は面白いようにHITする。
なぜか?
おいらも毎朝「ズームイン」を見ている。
その最後のほうで、「風が吹くと桶屋が儲かる」ってやつを解説していたのだ。
おいらにとっちゃ昔から聞きなれたもので、その経緯も充分すぎるくらいに理解しているので、どうということなく、「石油が高騰するとどんな意外な影響があるんだ?」とそっちにばかり興味があった。

しかし!世の中の人たちは、その過程に驚いたよう。ついでに「三味線って猫の皮?」っていう驚きもあったようで。
(皮の事については前にBlogで書いたので今回はパス)

だもんで、「三味線」でBlog検索をするとまぁ、出てくるわ出てくるわ。桶屋が儲かる仕組みを解説したBlogが。

随分前にも書いたが、おいらは辞書を読むのが好きだし、時代小説なんかも大好きで、ついでにちょっとした推理ものも好きで・・・そんなこんなで、捕物帳みたいな小説をよく読む。
ズームインでもよく言っているのだが、本を読むというのは、本当にすごく人生にプラスになると思う。
ことわざとか、慣用句とかいつの間にか覚えるし、かなり知識は豊富になる。
そして、小説や本(もちろん民謡もね)に出てきたところを旅すると、視点が変わって面白いことに気づくこともある。

文字で書かれたことを想像して、実際にその場所に行った時、自分が想像したのと同じ風景がそこにあると、結構感動もする。
違えば、それもまた楽しいものだ。

日本人は、目で見るだけでなく、肌で感じ、耳で聞き、五感すべてを使って様々なものを感じとろうとし、そして表現しようとする。

うーん。話が支離滅裂だけど・・・
兎に角、TVの影響力ってすごいなって感じた出来事でした。
posted by こてちゅ at 17:44| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

検索キーワードは?

ちょっとBlog更新が滞っておりました。
別に何があったわけではなく・・・
そうそう、三味線のお稽古は、「酒田舟方節」をやってます。
本当は、前に一度やっているのだけれど、手がかわったようで、師匠は「唄は知ってるよね?譜面、ないから」といって稽古になりました。
おいらの前に稽古に来ていた若い二人の弟子が、「津軽あいや節」と「津軽じょんから節(中節)」をやっているので、おいらの稽古は・・・なんだか物足りない?いえいえ、おいらには「一人で弾ける」ことが課せられていますので、師匠は大変気を遣って稽古してくれます。うーん。ありがたい。

さて、本題というか・・・
ちょっとBlogについて気になっていたことがあるので、「アクセス解析」っちゅうのをちょっとばかりやってみました。
まぁ、面白いことがわかってきました。

こっちの三味線Blogも着実にアクセスは増えているんですが、もう1つの「全国の民謡」Blogが結構アクセスがあるようです。
うーん。もうちょっとちゃんと更新せねばなりませんな。
とは言っても、自分で聞いたこともない唄の歌詞を載せることは出来ないので、ついつい更新が遅れがちになります。すみません。

んで、アクセス数もさることながら、どんな「検索キーワード」でおいらのBlogにたどり着いているのか?って言うのもアクセス解析ではわかるんですね。

で!!
発表ひらめき
三味線Blogへの検索キーワード Top 10
1位 三味線
2位 津軽三味線
3位 歌詞
4位 譜面
5位 美鵬直三郎
6位 民謡
7位 激安
8位 こてちゅ
9位 南部よしゃれ
10位 南部俵積み唄

なんか、おもしろいでしょ?
おいらのHNが8位。まぁ、1位と2位はわかるんだけど・・・5位が直三郎さんってところが・・・多分、リンク張ってるのでそれでひっかかるんだけど。ついでに、24位に横川裕子さん、93位に山本謙司さん、101位にKING(木之下真市さん)となっており、上妻さんでの検索はなかったようです。(って、これっておいらが上妻さんのことを記事にしていないから?)

まぁ、キーワードがわかったからといって、別に何が変わるわけではありません、悪しからず・・・
posted by こてちゅ at 12:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

難しい・・・

三味線の材料・・・
木材、象牙、鼈甲、絹、動物の骨、そして・・・猫や犬の皮。

生活必需品ではない三味線のために動物が使われることに嫌悪感を示す人は確かに存在する。しかもそれがペットとして身近な猫や犬であるからなおさらである。
そして、「全部合成にすればいい」という。

では、合成皮を作るために犠牲はなくなるというのだろうか?
逆に自然のものを使わないことで、地球は温暖化という危機に陥っているのではないのか?合成皮を作るということは、自然から逆らうことになるのではないのだろうか?
自然のものを使うには、それなりに理にかなっている部分があるのだと思うが。

捕鯨の問題もどうなんだろう?
同じ哺乳類だから・・・とか何とか「グリーンピース」とかいう動物保護団体は言うが、やはり人間も自然の一部であり、弱肉強食、食物連鎖の中に本来はいるはずなのだ。昔なら、人間だって山に入れば、狼や熊に襲われ、その食料になっていたはず。「人間だけが特別だ」と思い上がっている証拠が動物愛護な気がしてならない。

確かに牛などは、食料として必要だから、家畜として育てているのだからいいという意見もある。
確かに三味線は趣味の部分が多いとは思う。
でも、昔々、大昔・・・狩猟の時代。
命をいただき、自分が永らえる・・・その感謝を表現するために、余すところなく使いきるために楽器を作り、大切にしていくことを考えた人間がいたことも確かだと思う。

今は、食料ではないものが使われてはいる。それは事実。
しかし、自然の命を頂いて演奏していることを肝に銘じなければ。
大切に使いたいと思う。
おいらのところにやってきたのも何かの縁。おいらの三味線になってくれた沢山の命に感謝して、少しでもうまく演奏できるようになりたい。
posted by こてちゅ at 09:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

何気なく・・・

ちょっと仕事の手があいているので、サボって書いていたりする。。。
少し、子供の頃のことでも書いてみようか。

おいらの両親は、おいらが生まれた頃はお店を経営していた。
ちっちゃい個人のお肉屋さん。
乳飲み子のおいらは看板娘で、箱入り娘だ。正真正銘の箱入り。なんせ、段ボール箱にポンと入れられていたのだから。
そんな両親は、まるきりおいらに手をかける暇などなく、一人ダンボールで遊ぶおいらは、どうしたか・・・

お客さんににっこりと笑いかける

という必殺技をくりだす。
そうすると、お客さんは・・・
「誰も面倒を見る人がいないなら、少しの間うちに連れて行っていいかしら?」
となり、お客さんの家へご招待されるわけである。
このお宅にお嬢さんがいる場合、洋服を頂くことも多く、小さい頃は洋服を買ったことがないという。

いまのニュースなんかを見ていると子供が被害者になる事件が多いが・・・その頃は兎に角近所の人も家族みたいで、そんな事件なんて想像も出来なかったに違いない。

で・・・
こんな幼少期を過ごしたものだから、兎に角おいらは「八方美人」である。
父の性格を受け継いでいるのもあるとは思うが、兎に角にこにこして挨拶さえしていれば、世の中どうにでも渡れてしまうと勘違いしている節がある。
うちの母の言い方では「あんたは、誰にでもへっちゃらでにこにこする」だそうである。
ついでに声もでかく、朝などは近所の顔見知りのおばちゃんを見かけると遠くから挨拶するので、うちの母は恥ずかしいと言う。
うちの母は、昔、知らない人から「お宅のお嬢さん」の話をされて困ったとよく言っていた。

兎に角、名前を知らなくても相手がおいらのことを知らなくても、にこにこと挨拶する。
どこかの舞台に行っても、結構そんな感じだ。
特に煙草を吸ってるときにちょっとでも近くにいたことがあろうものなら、次にあったときは、必ず会釈なり挨拶なりする。向こうは「誰だろう?」といぶかしげにすることもあるが、それを機会にお話しするようになることも結構多い。プロの方たちは、それでお知り合いになる方もいる。

自分自身では、この「八方美人」はかなり得な性格だと自負している。
posted by こてちゅ at 16:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

バトンが来た・・・

えっと、YahooでBlogを書いているタロさんから『○○と私』バトンが来ました。
チェーンメールというと聞こえは悪いが、いいほうの「幸せの手紙」でなかなか面白い企画だなぁと思います。

さて。
おいらへの『○○と私』バトンは『民謡と私』だそうで・・・

Q1:今までの経験による『民謡と私』を書いてください。

小さい頃に習っていた民謡。あるとき、ある大会で負けたことが悔しくてやめてしまった。まぁ、そのときの先生は、プロの民謡歌手にしたかったらしいんだけど・・・おいらにはそんな気は全く無くて。
それから20年近く経ってから三味線をはじめました(厳密には再開)。今は、三味線で民謡とかかわっています。
今思えば、やめずにいればよかったと思うこともしばしば有りますが、あの時やっていたからこそ、そして20年ものブランクがあるからこその今があるんだと思っています。



Q2:今、妄想している『民謡と私』を書いてください。

これは・・・
三味線の伴奏なら、こてちゅ さんにお願いしましょう!!
と引っ張りだこなおいら。
んでもって、唄い手さんとの真剣バトルを観客の方々に堪能してもらい、拍手喝さい!(あぁ、うっとり)


Q3:最初に出会った『民謡と私』を書いてください。

覚えてましぇんm(__)m
気がつけば、舞台で一所懸命に大きな口をあけて唄っていました。


Q4:特別に思い入れのある『民謡と私』を書いてください。

やっぱり「シャンシャン馬道中唄」と今三味線で唄付けのお稽古をさせてもらっているH姉ちゃん(うーん。この呼び方はおいらだけの特権だぁ)
「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この唄は絶対に忘れない。(大会で負けたときもこの唄だったけど)
H姉ちゃんは、その子供の頃にプロの民謡歌手になった大先輩であり、姉弟子であり、先生であり・・・この人にかわいがってもらえるおかげで、色々なところで得しているおいらでもありました。


Q5:最後にバトンを回す5人をどうぞ。

Blog仲間が少ないので・・・総動員です!
  紅家元! やっぱり『津軽三味線と私』で
  MOYUさん そうですねぇ・・・おなじく『民謡と私』または『ねこと私』
  えびさん またもや『津軽三味線と私』
  くまりんさん 『三味線と私』か『バイクと私』
  ここは1つ・・・
  横川裕子さんに回してみようかな?受けてくれなかったらごめんなさい!
   『民謡と私』または『お酒と私』で!!


皆さん!お願いします!!m(__)m
posted by こてちゅ at 13:17| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

花粉・・・

おいらは花粉症です。
もう5年くらいになるかな?最初の3年はごまかしていました。「花粉症じゃないよー、風邪気味なだけさ」とね。
あまりにもクシャミと鼻水がひどくて、とうとう病院に行って言われました。「3年連続で同じ時期にクシャミと鼻水が出たら花粉症で間違いないね」と。
んで、アレルギーの検査をしてもらったら、ビンゴ!杉とヒノキと・・・ブタクサと・・・幸い猫アレルギーは出ていなかったけど、結構いろんなものが反応していたようです。
全くそんなものとは縁がないと思っていたので、逆にちょっとショック。かといって何の対策もしない馬鹿な奴です。
そして、今年もやってきました花粉の季節。性懲りも無く、医者にも行かず、薬も飲まず、鼻をかんでおしまい。
周りに迷惑をかけながら、花粉症患者を満喫しています?
posted by こてちゅ at 12:39| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

台風一過

昨日は台風・・・
夜に関東へとの予想だったので、お稽古はお休みさせていただきました。

最近というか、先月末の身内の不幸からいろいろと忙しくて、休みの日にはお昼寝が習慣のおいらもお昼寝どころの騒ぎではなく、家の中がばたばたしていたのもあり、夜7時だというのに寝てしまいました!
22時頃、「お風呂にはいりなさ〜い」といわれのそのそと起き、お風呂に入り、またすぐに寝てしまうという・・・
普段から23時ごろには寝てしまいますが。
一昨年あたりまで、父の仕事の都合上、家族は21時半に寝てしまいます。仕事をやめたあとも習慣とは恐ろしいもので、父はいまだに22時前には「お休み」です。それにつられておいらも22時半には就寝というのが我が家のサイクルです。はっきり言って、2時間ドラマの結末まで起きていられないのです。TV見ながら眠くなって、我慢できずに寝ちゃうんですよね。野球なんかで開始が遅くなるとなおさらドラマの内容が途中になってしまう・・・そんな家族です。
ですから、20時ごろの時代劇が一番見る番組になるのです。

さて、昨日と一転して今日は台風一過のよいお天気。こんな日は仕事もはかどるかな?
posted by こてちゅ at 09:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。