2007年07月02日

着物再生

今年も半分終わっちゃいました。
なんだかあっという間な気もしますし、長かったような気もします。

さて、今日はお稽古ではなく着物の話。
3ヶ月ほど前、贔屓にしている呉服屋さんで着物のメンテナンス料金が安くなるというので、母が娘時代に買っておいらが譲り受けた付け下げを染に出しました。
染に出した理由は・・・
元々光沢のある青みがかった白が基本の着物だったのですが、まぁ年代物といえば年代物で、色も色でしみがかなり出ていて落ちなくなってきていました。
母からもらった着物の中でも一番のお気に入りでどうしても着物として着続けたいと思っていたし、白だから違う色に染め直せばまだまだ着られるとも思っていました。

で、元々地味派手なものが好きなおいらは、黒とかグリーンとか紫とか寒色系の地色の着物が多く、黄色やオレンジといったものは持っていなかったので、しみを目立たなくするためにもクリームオレンジみたいな色に染めてもらうことにしたのでした。

その着物が昨日染め上がってきました。(仕立てはしていません)
思った以上に綺麗な色に仕上がってきました!!
その染師さん、結構頑固な職人さんらしく、気に入った色に染まるまで何ヶ月もかけて仕事をする人だそうで、おいらのその着物もかなり手間をかけて作業してくださったそうです。

派手でなく、地味でなく・・・
元の柄も目立ちすぎずぼやけずに浮き上がっています。
生地も染め直したり洗いに出したりするとやせてしまうことが多いのですが、今回はそれもなく。すごく技術のある染師さんなんだろうな、と容易に想像できる出来栄えです。

この着物は、母が今和裁の教室に通っているので、母が時間をかけて仕立てる予定です。
これでまた何十年と着物としておいらにこき使われます(^^ゞ
posted by こてちゅ at 14:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

きれいに着付けている!

今朝、ニュースを見ているとジャネット・ジャクソンさんが振袖を着て登場していた。
赤い振袖に金の帯。なかなかいい感じ。はにかんだ表情もなんだか初々しい。
何より、外国人に振袖をあんなに綺麗に着付けているのに驚いた!!
日本人の着付けでさえ、最近はへんなのが多くて・・・特にお正月になるとタレントが振袖を着ているが、まぁ、帯の位置が低かったり、衿が開きすぎ、つめすぎ、髪型も似合っていなくて、補正がちゃんとしてないのか、サイズが合わないのを着ているのか、おはしょりがぐちゃぐちゃだったり・・・まぁ、これが若い娘さん?って感じの着付けが兎に角多い!しかも、立ち居振る舞いが普段と変わらないもんだから、なんだか危なっかしい。
ところが!今朝見たジャネットさんの着物姿は、ものすごく気持ちのいい着付けをしている。ちょっと振袖にしては衿を抜きすぎの感があるが、ま、それは歳もあるだろうし、多分映画「SAYURI」とか舞妓、芸妓のイメージを持った外国の方なので、あえて衿を抜いたんだろうと容易に想像できる。
それでも、胸元はぴっちりと襟合わせができているし、前帯の幅も身長とバランスをとっているのだろう、ちょっと広めにしていた。
初めての着物ということで、ちょっと帯はゆるめに締めたのかな?帯の脇のところにちょっとしわがよっていた。
メイクも着物に合わせて赤い口紅にピンクのシャドーだったと思う。ピアスも小さなものだった。

担当した着付け師さん、ものすごい技術です!!
外国人で、日本人とは明らかに体形の違う人に着物を着せるのって本当にとても大変だと思うんですが、あそこまでしっくりと着付けられていれば文句なしです。
着ているご本人はどうだったかなぁ?
笑顔の場面しか見ていなかったけど・・・ひな壇に上がるときにちょっと苦労していたようにも見えたけど・・・
きっと、ご満悦だったことと思いましょ。
posted by こてちゅ at 16:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

また買っちゃった・・・

連休最終日の昨日。
ちょっと前に新聞広告に入っていた呉服屋さんの安売りに行ってみました。
はじめていくところなので、何も買うつもりは無かったのだが・・・

正絹の訪問着が8,800円。
胴裏と仕立てを入れても4万でおつりがくる・・・
一緒に行った母が気に入ったようで、妙に勧める。
クリーム色の訪問着はほしいと思っていたし、前に買った着物の支払いも全部終わっているのも手伝って買う気になった。
ところが、やっぱり安いのには訳がある。
しみが結構あるんだよね。
同じ柄で色違いの訪問着は19,000円。この違いはなんだろうなぁ?とは思っていたのだが、最初はあまり気づかなかった。
よく見ていくと、目立つしみが2箇所、なんとかお端折で隠れないことも無いけど、おいらはこういうのが気になると着られなかったりするんだよね。
染み抜きに1万かかると言われた。
ってことは、やっぱりきれいにするとそれなりの値段になるってことね。
まぁ、それでも上代が50万近くするものだから、仕立てをしても5万でおつりがくるならよしとしよう。

ってことで、いつもの呉服屋さんなら手縫いで仕立てをお願いするのだけれど、今回はミシン縫いにしてもらった。

あーあ。反物でおきっぱなしの着物もあるのに・・・また買っちゃったよ。ま、着る機会はどうせあるだろうからね。(なかったら機会をつくるよ)
posted by こてちゅ at 14:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

素材

昨日、三味線の材料の話をしたが・・・
その延長というか、似たような話で着物の素材について、ちょっとだけ。

着物(和服)の素材には、ウール、綿、麻、絹が使われている。
最高級はもちろん「絹」ではあるが、着物の場合、この素材だけでなく、染めや織りなどによって「格」というものがあり、仕立てや着付けによってもTPOが事細かく分かれている。

そんな素材の中で、人絹と言われる所謂「化学繊維」、ポリエステルの着物がある。この化学繊維は、高級品である「絹」の代用品として安価に大量にという意図で開発されたもの。最近の技術や研究の成果により、かなり絹の風合いなどに近くなってきている。
しかし、この「ポリの着物」は、あちこちで議論される対象となっている。
わかりやすいのは、披露宴にポリの着物を着ていっていいのか?というもの。
先に述べているように、着物のTPOは、素材・染め・織り・柄・着方・小物(草履やバックなど)といったものすべてのものの組み合わせによって「格」が決まり、その場にふさわしいものを選ばなければならないのです。
そして、結婚披露宴に招かれた場合、このポリの着物という素材が果たして礼を尽くしたものなのか?という議論になるわけです。

おいらの中で思っているのは、兎に角「その場にふさわしいもの」を知り、礼を尽くすことです。ポリの着物が駄目だとは言いませんが、絶対に絹でなければならないとも言いません。
ただ、おいら自身は、ポリの着物は着付けがしにくく、暑苦しく、動きにくいなどの理由により好きではありません。

着物や楽器だけではありません。
沢山のものにたいして、こういったことは存在します。

自然のものというのは、なんと素晴らしいのでしょう。
人工のものもなんという技術でしょう。
しかし、人工のものですべてをまかなえばいいという突飛な考えは、はっきり言って自然のものを否定することでもあるような気がします。
自然のものが素晴らしいからこそ、最高のものであり、価値のあるものであり、希少なものとなるのです。
どんなに人間が毛皮の偽物を作って、動物愛護だといっても、本物の毛皮の暖かさには到底かなわないものがあると思います。
かといって、人工のものがなければ、これまたすべてのものを否定しかねません。
だから、その場にふさわしいものを選べばいいのだと考えます。

あ、因みに・・・
三味線の合皮は、手首に負担がかかるので、音にこだわりのない本当の初心者のうちだけにしたほうが良いようです。
posted by こてちゅ at 15:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

博多帯

うちの母は、ちょっとした和裁ならこなせる。おいらの祖母がむかーし昔にかなり仕込んだらしい。戦前の人は着物くらい縫えないとっていう感覚があったのだろう。祖母はそんな昔気質の人だった。逆に祖父は新しい物好きで、口癖が「これからの世の中はこうなる!」だったそうで、うちの母に着物の仕立てとかを教えている祖母に向かって「そんなものは、これからの世の中、金を出してやってもらうようになるんだ!」と言ったそうだ。
そうは言われても祖母は、頑として聞く耳持たず、裁縫をやらせたらしい。おかげで、簡単なものなら自分で何とかしてしまう母だ。
なので、最近ではいらなくなった帯や着物を色々といじっている母が、今作っているのは、おいらの祖母が踊りで使っていただろう化繊の着物をもんぺにしている。

そんな母のところへ、踊りの仲間がたまに遊びに来る。
いろんなものを作っている母をみて、その仲間が帯やら着物やらを持ち込んできた。
しかし、半幅帯に作り直してほしいと持ってきたのは、古い博多織のいい帯だったので、母が「こんなのもったいない!」と。すると・・・
「娘も嫁も着物を着ないから・・・私も年で、お太鼓に結ぶのとかもつらいし」というのだそうだ。
そんなこんなで、その帯はおいらが頂くことになってしまった。

今までも何十年も使ってこられたであろう博多帯。
この先、おいらの元でこき使われることになりました。
posted by こてちゅ at 12:54| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

振袖

今週の土曜日、名取授与式が行われます。
んでもって、そのときに着る着物を色々とコーディネイトしているのですが・・・

母が「振袖!」と譲らず・・・三味線の先輩たちにも「振袖着ないの?」と言われ続けました。
おいらは去年新調した訪問着を着ようと色々と考えていたのですが、「名取だから着られるんじゃないの。次は着られないよ」と言われてしまい・・・
で、家元の奥様やら師匠の奥様に相談。
「もうこの年なので、振袖って言うのも気が引けるんですけど・・・どうですか?」
皆さん、「こてちゅちゃんは若く見えるんだから、振袖のほうがいいと思うわ。独身なんだし、歳なんていわなきゃ誰も分からないわよ!」とおっしゃる。
うーむ。10年前に「これが最後!」ととある決心をして一大イベントに着たのだけれど、またあの振袖が日の目を見るとは思いもしなかったなぁ。

10年前は、真っ赤な伊達襟と真っ赤な帯揚げ(金粉が貼り付けてある!)、真っ赤な帯締めと派手にしたのだけれど・・・着物が金茶に裾が黒にグラデーション、帯が紺というしぶーーーーーい色目なので、小物は思いっきり派手にしていたんです。
で、今回は・・・
グリーン系の小物を使いたかったんで、色々と探し回って気に入った伊達襟を購入!
ところが、どうにも帯締めが気に入らない。赤と緑で若々しい帯締めと帯揚げなんだけど・・・今ひとつ気に入らないんだよね。
んでもってどうしたか・・・10年前よりさらに数年さかのぼりまして、振袖を作ったときにそろえた帯締めと帯揚げ・・・渋いオレンジと渋いグリーンの2色使い。オレンジはピンクにも見えるような微妙な色合い。で、これが着物と帯にはしっくりくる。襟の色はちょっと濃いかな?と思ったけど、やはり渋いグリーンなので、違和感はない。

結局、今回は、訪問着、帯、帯締め・帯揚げ(セット)、伊達襟を新調したにもかかわらず、伊達襟のみ新しいものとなりました。あぁ、目立たないところだけが新品ってどうなのよ!?
posted by こてちゅ at 12:53| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

激安!!

週末・・・
その前に新聞のチラシにカメラ屋さんの安売りが入っていた。
発表会で父にデジタルカメラを渡して、プログラムに丸付けて、「これは絶対に撮ってね。あとは適当に。遠かったらズームも出来るからね」と言って写真を撮ってもらったにもかかわらず・・・ズームは使ってないし、ちょっとピンボケだし、フラッシュも使えてないみたいだし。兎に角、一応誰だかわかる程度の写真しか撮れていなかった。
父曰く、「どこにズームがあるんだか、フラッシュもどうやったらたけるんだ?」とのこと。
今までも何度も教えたんですが・・・さすがに昭和初期生まれにいまどきの形のデジカメを扱うのは難しかったようですふらふら
で、カメラ屋さんのチラシを見ると眼鏡
デジカメで12倍ズーム!500万画素!!の安売りパンチしかも下取りしてくれるとな。ってことで、http://panasonic.jp/dc/fz5/index.htmlをば手に入れました。ちょっと大きいけど、父ちゃんが使いやすく思えるのがいいかと思ったのと、同じ値段で12倍ズームに惹かれたです。今まで3倍ズームだったのですが、どうも舞台になるともっとアップで撮りたいと思っていたのもあったのですカメラ
今回は、家族で相談なので、ちょっとだけ家計から援助もしてもらったし。しかも!母が一緒にいたので値切った!ほんとにちょっとだけですけどね。

んでもって、この日は買い物デーと決めていたので、安売りの呉服屋さんへ。ま、ここは小物が結構豊富に安売りしているので、たまーにのぞきにきます。
と!発見!!7センチ越えの高さのある草履!9千円でおつりがくる目ただし・・・金ぴかぴかぴか(新しい)でも、この値段でこの草履は次に見つかるのはいつになるか。この際だぁ、買ってしまえ。
うろうろ・・・安売りコーナー。着尺(いわゆる反物)が9800円ねぇ。ま、気に入った柄でもあったら程度にごそごそとあさっていると・・・ん?5000円。ふむ。少々難有りねぇ。汚れ程度ならいいけど・・・と広げてみると、汚れじゃないよ。思いっきり染が失敗しているじゃん。ムラになってるとかじゃなくて、洗濯すると色移りするでしょ、あんな感じ。うーむ。ま、あんまり好きな柄じゃないから、安くてもこれはパス。
お、ここにも5000円。
茜色って言ったらいいのかなぁ。こっちは完全にぼかし染めにしてる。うーむ、いい色だけど、こんな染めの着物着る人なんてそうそういないよ。正絹だし、しっかりしてるし・・・うぁ!上代298000円!?正規で買ったら仕立てあがったら50万近くなるってことじゃん。
これはお買い得ぅ。仕立ては、お母ちゃんに単で縫ってもらえばいいし。着物に派手だと思ったら、コートにでもしてもらえばいいや。どうしても駄目なら、何か小物にしてしまえ!

ってことで激安!な着物生地をGETしてホクホク。激安!な草履もGET!で幸せな気分ハートたち(複数ハート)
posted by こてちゅ at 10:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

もっと練習せい!

今月、三味線の会の先輩である名取さんの結婚披露宴に出席予定。
その日は、県の民謡コンクール本戦の日でもある。
うちのお師匠やら県の役員の方々も披露宴に出席するので、今回は出場しないのかなぁ?なんぞと思っていたのだけれど。
普通、民謡のコンクールって言うと、年代別に組が分かれている。んでもって、若い連中の組は大概が最後のほうである。しかし、この日のコンクールは特別に!若い組から始まることになった。なんせ、うちの会で出場するのは、若い方から2つの組分くらいで他の会には良く羨ましがられるのだが、その出場者のほとんどが、結婚披露宴に招待されているのだ。
この組をいつもどおりのスケジュールにすると、この組の出場者が半分になってしまうという事態になる。そこで、大会役員も招待客ということもあり、スケジュールが変更された。
ってことで、この日、午前中にコンクール。それが終わったら着替えて結婚披露宴会場へ民族大移動ということになった。

で、おいらは結婚披露宴へ着物を着ていこうと思い、母上様にお願いをすることに。帯結びをお願いしたのだ。別に普通に二重太鼓ならば一人で結ぶが、ちょっと変わり帯に結びたかった。末広というお太鼓に扇子のような飾りをつける結び方をしてもらおう決めたのである。まぁ、これも一人でできないわけではないが、この日は忙しい。よって頼んだほうが早い!
で、昨日、母上様が「練習したい」と言い出した。
最近、人に着付けることをあまりしていないうちの母上様。一発勝負で結ぶのに不安があるらしく、事前に練習させろというのだ。

ってことで、着て行く予定の着物と帯と小物を出して着付けることに。
うーん。この着物。やっぱりいいねぇ。っと・・・グリーンというか深緑の色無地に真っ赤な伊達襟が良く映える!うんうん。やっぱし、紋を入れて作っておいてよかったよ。こういうときには本当に役に立つね。
おかーちゃーん!きたよー!あとは帯だからね、末広に結ぶんだよ!?だいじょうぶ?
ん?ねぇ、これじゃゆるいよー。たれが足りなくなるよー。
ほらぁ、案の定、たれが足りないじゃんか!
「だってぇ、柄が合わないのよねぇ。どうしてかしらぁ?」
って、おい!

はぁ、帯結びだけで1時間もあれこれやってしまった。
結局思うようには結べず・・・
あーあ。昔とった着付けの師範のお免状がなくよ!?
やっぱりやっていないとこんなに駄目駄目になるんだねぇ。
着付け用のボディがあるんだから、それでせっせと練習してね、母上様。
posted by こてちゅ at 14:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。