2005年05月23日

発表会 終了!

さてさて、このBlogを立ち上げてはじめての書込みです。
一応、お稽古や舞台があったとき、練習していたりして気づいたこととかをすこしずつ書いていければいいなぁ、とおもっちょります。

では・・・
毎年行われる大先生の会での発表会。
今年は仕込からお手伝いさせていただきました。
客席の準備、控え室の準備、進行表の配布・・・舞台の仕込みは2回目だったと思います。
不慣れなもので、先生方にはご迷惑ばかり。何をしたらいいのかわからず、あっちでうろうろ、こっちでうろうろ。役立たず!と言われないようにがんばりましたが、あんなんでよかったのかなぁ?反省点、何かに書いといて来年につなげよう。
反省点・・・
  だめだ。もう一昨日の事でさっぱりわからん。

発表会。
舞台の時、自分の出番ではないときはできるだけ舞台ソデや舞台に近いところにいます。
ゴールデンショーと銘打ったプロの方々の出演するコーナーでは、舞台ソデにいっぱなしです。なぜかというと、自分の師匠だけでなく大先生(師匠の師匠。)やほかの師範の先生たちの演奏が一番近いところで見られるからです。
特等席です!
普段のお稽古では見られない技術が盛りだくさんで目の前で見られる!こんな絶好の機会は舞台でしかありません。
とはいっても、なかなか同じように弾けるものではないけれど・・・

まずは真似事からはじめてみようかと最近思うようになりました。
とにかく先生たちの手を見て気づいたところを少しずつ真似してみよう!猿真似でも何でもいい。出来なくても真似をしてみて、音がよくなればこれ幸い。出来そうにないような技術ならそのときに考えればいいさ。練習してみる価値はあるってものよね。

と思うこのごろなのでした。
posted by こてちゅ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。