2013年05月29日

埼玉の唄とか津軽山唄とか・・・大丈夫かいな??

発表会も終わり、まーったりとと行きたいところでしたが…
先日25日の土曜日は、県の民謡協会西部地区の予選会。

今回は伴奏で
・生保内節
・米節
・外山節
・津軽甚句
・喜代節
・灘の酒造り祝い唄
といったところでした。
灘は、三味線ひとり…きんちょー(笑)
でも、太鼓の先生に助けていただいた感が…
あとで録音したのを聞きましたが、まだまだだめですねぇ。

一人で伴奏した方は予選通過!!
よかったぁ。


んでもって、自分の唄ですが…
前回のBlogにも書いておりますが、予選通過しない予感は大当たり(笑)
11人中1人欠場、6人予選通過で7番目。
えぇ。見事に予選落ちでした orz
それにしても、点数が…
1位通過からおいらまでで1点ちょっとしか違わないのですよー。
一つ上の人とは、0.4点差。
あぁぁぁぁ。

ま、改めて録音したのを聞くと、ちょっと声が弱いです。
予選落ちは当たり前な唄い方だったかも。

ということで、本戦で埼玉の唄でコンクールに出ることになりました。
埼玉の民謡…習ったことあるのは「吾野機織り唄」ぐらいなので、それで挑戦します。
がっ!
その前に日民の試験で「津軽山唄」があるんです!
どうしましょー???
とりあえず、音源はあるので頑張って覚えますが、自分が何寸で唄えるのかわからん。
あ、その前に試験の申込しなくちゃならんけど。
posted by こてちゅ at 12:46| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 民謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
接戦だったのね。次点なんて本当に残念!
埼玉の唄コンクルではまた頑張ってにゃ!
埼玉の唄は唄えたほうが後々便利だしね。
あたしもとりあえず草津節は唄えるけど、もう1曲覚える予定。でも切羽つまらないとなかなかねー。他にも練習しなきゃいけない曲があるからさーって、いいわけいいわけ。。。
Posted by きょうちゃん at 2013年06月04日 09:34
きょうちゃん:
なんかねぇ、プログラムもらった時から「あー、今回は予選通過しないなぁ」と思ってたのね。
でも、まさかここまで僅差だとは思わず・・・
もうそれこそ「審査員の好みの違い」って感じ。

埼玉の唄、とりあえず県の指導者認定試験の時に覚えないといけないんで、ほんとに覚えただけなんだよね。
コンクール用に修正できるんだか??
Posted by こてちゅ at 2013年06月05日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。