2007年01月09日

新年会第1弾

土曜日。
今年の新年会の一つ目。
県の民謡協会の新年会でした。

前日から雨の予報。しかもかなり大荒れとか。
母から「雨だって。着物で行くのやめたら?」と言われるが、着物以外にそういうパーティーみたいなところへ着ていくようなものは何も持っていない。
ので、予定通り着物。別にそんなに歩くわけじゃないしさ。洋服の方が跳ね上がったりするのに気を使うから・・・草履だと跳ね上がらないもん。

師匠とおいらと先輩名取さん(男性)の3人の予定だったのだけれど、名取さんは急遽仕事の都合だとかで欠席になったそうで、去年に引き続き、師匠と2人で参加です。

会場となるホテルについてまずは・・・
日民の理事代行の菊池淡狂先生を探す。が、まだいらしていないようなので去年と同じ喫茶店に入ることにする。
そこには、日民などでもおなじみの先生方がお茶してました。
間もなく代行がいらしたので、代行、日民の小沢常務、師匠、おいらで時間になるまで歓談。他の方たちは、会場へ。(なんか色々と準備があるらしい)

会場での受付を済ませる前に化粧をしに行く。朝、いろいろやってたら時間がなくて化粧する暇がなかったので・・・

途中で師匠と代行は、翌日、静岡の鈴木峰瑶先生のところの新年会に出席して、その後日民のカレンダー用の富士山を撮影するということで早めに静岡入りするべく退席。
なので、その後おいらはビール片手に、既に顔見知りの先生方にご挨拶。
アトラクションもあったりしたので、その合間を縫って今までお話をしたことのない先生方のところに「○○の弟子で△△と申します。師匠が所要で退席しましたので、代わりにはなりませんが新年のご挨拶に・・・」と挨拶をして回ってきました。

民謡の世界、なかなか高齢社会です。
どう見ても同年代の人なんて居やしない・・・ちょっと若くてももうすぐ定年な人たちばかり。
そんな中、若輩者がビールもって挨拶に行くので、なかなか皆さんうれしそうにお話してくださいます。

また少し世界が広がったかな?
今年は、こうやっていろんな人と知り合いになっていきたいなぁ。

雨は土砂降りになったり小降りになったり。
でも、着物を着ていってやっぱりよかった(^^♪

といった感じの新年会第1弾でした。
posted by こてちゅ at 12:54| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。