2012年06月04日

日本一!

発表会も終わり、次へ向けて準備開始です。

まずは7月1日に日民の多摩北大会。
今年は、「秋田人形甚句」で出場予定。
初めて唄を変えるので、ちょっとドキドキ。
もう1か月を切ったから、真面目に練習しなくちゃ。

で、8月は市内の民謡連盟の発表会。今年は、コンクールにはしないそうで。
人数も減ったし、審査員の先生を呼ぶとお金かかるし…といった理由だそうです。
でもなぁ、狭山茶作り唄の大会はたった1回開催しただけだし。もうちょっと色んな人を巻き込めば、うまいことやれるんじゃないの??とか思うんですけど…でも、やっぱり高齢化しているのが一番問題なんだろうなぁ。役員も会員さんもね。

っと。話が変な方向へ…
えーっと。
この8月の舞台で「日本一の数え唄」を唄う方がいるそうでして。
なので、土曜日のお稽古からこの曲を習います。
これって、歌詞が色々なんですよねぇ。歌詞の長さがばらばらなので、それに合わせて伴奏も色々なわけでして。んでもって、浪曲入りなわけですが…今回はどうするのかな??
譜面には浪曲はないんで…(って当たり前のような)

とりあえず、よく唄われている日本一の数え唄の歌詞のようですんで、譜面で基本を覚えるとします。
posted by こてちゅ at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
今年は十日町の大会には来られないのですね、残念です。

日本一の数え唄ですか。
自分も何回か唄付けさせていただいたことがありますが、浪曲が大変です。
浪曲中に三味線を少し鳴らすんですが、一度変な音を鳴らしたら、唄が止まってしまったという恐ろしいことがありました。
でも楽しい曲ですので、頑張ってください。
Posted by のぶやま at 2012年06月04日 13:11
のぶやまさん:
お久しぶりです!
そうなんです。今年の十日町、日民の大会と重なっておりまして…(+o+)
せっかく練習したのになぁ。


今年は「浪曲入りをやれ!」という三味線の神様のお告げのようで…
Posted by こてちゅ at 2012年06月04日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273392376

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。