2012年05月01日

今更ながら…

一か月以上たって、やっとあの舞台での演奏をちゃんと聞く気になりまして。
で、またもや落ち込んでおります(笑)

大御所先生の伴奏は、いうまでもないのですけどね。
久子さんの「秋田船方節」の伴奏もひどいものですわ。よくまぁ、久子さんってばこんな伴奏で唄ってくれたもんです。唄いにくかっただろうに…

今月の発表会、合奏ではありますが「秋田船方節」があります。
合奏とはいえ、もう少しましな演奏ができるように練習しましょう。
って、ほかの曲もがんばらんとなぁ。
posted by こてちゅ at 16:51| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良く把握出来ていないのですが、頑張ってくださいね。(^^;;
Posted by KSR at 2012年05月01日 22:40
KSRさん:
にゃはは。自分の音に幻滅することも上達するための通り道ですね。
まだまだ先は長い…
頑張りまーす♪
Posted by こてちゅ at 2012年05月02日 09:34
こてちゅさん〜お元気ですか?

聞いた話では、上手な唄い手さんの声は

三味線が聞こえないくらいだそうです。

細棹で秋田船方、秋田小原を習いましたが、弱い音かもね。

津軽弾きではやはり、三味線も主役なのね。

発表会に向けて頑張って下さい。

MOYU
Posted by MOYU at 2012年05月04日 22:21
MOYUさん:
コメント、ありがとう!!
えっ??そうなんですか??
たしかに、彼女は日民の内閣をとってフェスティバルのグランプリもとって・・・上手を通り越している唄い手さんですが。
秋田ものなので、津軽弾きにならないよう、唄のじゃまにならないように気をつけていますが。
でも、「焦って弾いてるなぁ」って感じの伴奏なんですよ。音に伸びがないというか。

なんにしてもまだまだの伴奏でした(ーー;)
Posted by こてちゅ at 2012年05月05日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。