2006年02月25日

成世さんの演歌

金曜日。成世昌平さんの演歌のキャンペーンがありまして、民謡歌手でもあるので何か収穫があればと行って来ました。

成世さんの演歌といえば、「はぐれこきりこ」ですが今回のキャンペーンは「坂東太郎」です。
坂東太郎って、利根川のことなんですね。で、この流域に佐原と言うところがあって、そこでのお祭りをモチーフに幼馴染のことを歌っているんです。
こういった曲に纏わる話題を盛り込みながら約1時間半の唄とトークのイベントでした。
さすが民謡歌手で、演歌と民謡の唄い方の違いなども盛り込まれていました。
そして、「鶴の舞橋」という曲の前には、津軽山唄を披露。こんな風に民謡がさらっと出てくるのも民謡歌手ならでは、といった感じでしょうか。

そして、ちょっとしたハプニング。
唄が終わったところで、皆さん記念撮影となりました。
あ、今回のキャンペーン会場は、おいらが唄付けの練習をさせていただいているH先生のカラオケスナックです。お客さんは殆どがカラオケ教室の生徒さん。
で、写真をH先生が撮ってくださったのですが、おいらの番になったとき、
「民謡の若手ホープよ。よろしくね。」と紹介してくださったんです!!ラッキー!!
H先生もおいらがこういうことで顔を売っていくのが大事だと思ってくれているのだと改めて感謝です。


posted by こてちゅ at 01:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。