2009年12月14日

板橋原田会にて年内は・・・??

昨日は「板橋原田会 25周年 民謡の絆」にて合奏で出演させていただきました。

会主の原田直将先生は大御所 原田直之さんのお弟子さん。
以前、Blogに福島へ民謡研修(2007年11月)に師匠と共に参加させていただいて以来、直将先生にはお世話になっています。
今回は家元経由ではありましたが・・・

直将先生は、日民の重責も担っておられるので、出演される方々も大御所ぞろい!
原田直之さんはじめ、小杉真貴子さん、高橋祐次郎さん、小沢千月さん、国村千鳥さんなどなど・・・
先の民謡研修でお世話になった佃光堂さんもおいででした。

っと。合奏は・・・
今回「も」並び順が・・・家元の真後ろ!?という、なかなかに緊張する位置でして。まぁ、家元の真後ろとか、斜め後とかって、緊張もしますが、なかなかいいポジションでもあります。
家元の背中でのリズムの取り方、左手の動きがばっちり観察できるという、まさに勉強するためのベストな位置です(笑)
かといって、それにばかり気をとられていては演奏になりませんし、家元にもろ音を聞かれているという、かなりスリリングな位置でもあるわけです。

自分の演奏としては・・・やっぱり練習不足ですな。
もう少ししっかり目標、目的をもって練習しないと、いつまでたっても上達しないような気がします。って、当たり前ですけど。この当たり前が出来ないんですよねぇ。

さぁ。
これで舞台も終了・・・なんですが。
例のごとく、忘年会で三味線を弾くと思います。
年内の稽古も終了しましたので、自宅練習、気を抜かずにやりましょうかね。
posted by こてちゅ at 12:48| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

年内のお稽古は終了ですか。
私はもう一回実家お稽古に行く予定です。(^^ゞ
お米貰ってこないといけませんから。(。_゚☆\(- - )

舞台は勉強になりますよね。
私もまたがんばろうっと♪
Posted by バルタン at 2009年12月14日 22:31
バルタンさん:
お米・・・は今はたっぷり♪(笑)

何十回の稽古より1回の舞台。
舞台は本当に勉強になります。
今回は、お客さんからも「合奏、良かったよ」と声をかけていただいたので、すごくうれしかったです♪(まぁ、家元の力ですがね)

来年は、もっともっとがんばって、少しでも舞台でお客さんに楽しんでもらえるようになりたいです!!
Posted by こてちゅ at 2009年12月15日 11:59
 初めまして。私は『牢屋〈ろうや〉壮一』と言うハンドルネームを使用してインターネット上で表現活動を行っている者です。
 実は私も『民謡』に興味と関心を持っています。東京の品川の大井町にある日民〈日本民謡協会〉まで通っています〈但し、私は日民の会員ではありません〉。
 ここで取り上げられている『原田直将』氏ですが、私も日民で度々お目にかかった事があります。他にも沢山書きたい事はありますが、今回は初めてなのでこのぐらいで終わりにしたいと思います。
Posted by 牢屋壮一〈評論家〉。 at 2011年08月26日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。