2009年09月30日

久しぶりに稽古の話

かなり久しぶり(笑)にお稽古の話。

昨日は、唄と三味線のお稽古。(因みに、ちゃんと稽古には行ってますよ!!)
今度の日曜日、尺八の会の発表会に出させていただくので、そちらを中心に。

今回の唄は「本荘追分」
1尺7寸だと節が回らないし、声が震えてしまうので、1尺8寸にしてもらうことにしました。
最初の「はぁ〜ぁ あぁぁあ〜」(文字でニュアンスを伝えられない・・・)の「あぁぁあ〜」の節がいまいつつ。
あとは結構母音も入るようになってきたんだけど、やっぱし最初の「はぁ」が肝心だよねぇ。

三味線は、「道南ナット節」と「津軽塩釜甚句」
両方とも新しい手になっているので、細かいところが微妙。
津軽塩釜甚句なんか、太鼓のところがあやふやでいつもドキドキ。
でも前にやっているので、何回かやればちゃんと手が覚えていて、勝手に動いてくれるようになってきた。
もう少し歯切れのいいリズムがとれるといいなぁ。
新しい道南ナットは舞台でははじめてで・・・ちょっとごまかして弾いちゃいそうなので、もう一度しっかりと暗譜しなくちゃ。

といった感じ。

火曜日のお稽古はいつもおいらが最後。
なので、いつも師匠と師匠の奥さんと雑談。
大会の話とか、いろんな裏話も聞けることがある。

先日の県の大会・・・師匠はちょいとおかんむり。
当日役員の忙しさのことのよう。
うちの会からは、出演者受付と司会、そして接待という役をしている人がいるのだが・・・
「舞台が優先!!」
そりゃぁ、そうだ。
いままで師匠に仰せつかった役だからといわなかったのだけれど、今回は師匠が色々と目にしたり聞いたりしたみたい。
「来年もこの体制なら、うちからは出さないことにしよう!」
と言っていた。

まぁ、おいらとしては、役員をやると色んな方とお話できていいこともあるんだが・・・でもやっぱりコンクールに出る(唄も伴奏も)人が当日役員って、人数がいないとかなり大変なんだよねぇ。
どうなるかわからないけど・・・
来年からは、当日役員になっても堂々と伴奏や唄のときは抜け出そうっと(笑)
posted by こてちゅ at 16:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本庄追分 俺も今稽古中です
唄を覚えないと三味線弾けないから・・・
まだ唄を覚えていましぇ〜ん ┐(^-^;)┌
Posted by タロ at 2009年09月30日 22:59
タロさん:
本荘追分などの秋田の民謡は、唄も三味線もリズムや間が難しいですね。
Posted by こてちゅ at 2009年10月01日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。