2011年07月31日

恒例の夏祭りとNHK

一週間たっちゃいましたが・・・
先週の土曜日、恒例となりました地元の夏祭りでのアトラクションに出演しました。
今年は・・・師匠が「俺も出る!」とおっしゃいまして・・・
おいらと姉弟子と師匠の3人でお邪魔しました。

曲は・・・
・一段〜津軽甚句〜嘉瀬の奴〜黒石よされ
・黒石じょんから節(姉弟子の唄に師匠とおいらで伴奏)
・流派の合奏曲(NHKでの放送を宣伝!)
・花笠音頭
・炭坑節
と、最後の2曲は会場の皆さんにも踊ってもらいました。

で、いつもはやらないのですが、今回はNHKの放送一週間前ということで、宣伝させてもらいました。

そして本日、そのNHKの放送日。
大雨の関係で予定より15分遅れ。
とは言っても、今日の早い時間には決まっていたのかな?お昼過ぎに録画予約のために番組表を確認したら、16:15からになっていました。

録画予約してあるくせに、きっちり最初から放送も見ておりまして・・・
前回より長い時間流れましたねぇ。
それにしても、NHKの編集ってすごいわぁ。曲のつなぎ目があまり不自然じゃないように短くしてあるんですよね。

で、おいらを認識できたかた、いらっしゃいますかね?
録画もしてあったので、がっつりゆっくり確認しました。
しょっぱなの、家元とご子息が一人ずつ映り・・・若先生のところで内幕がすーっとあがったところ、亡霊のように肩越しにおいらの影がっ!?
その後も、何度か若先生の肩越しにおいらが映っていますので、録画されて興味のある方は、確認なさってくださいね。

さて。
今回のグランプリ、以前のBlogでも既に結果はお知らせしておりましたが。
マイミクのぞーぴんさん、内山久子さんでございました。
こうして改めて皆さんの唄を聞いてみると・・・さすがに彼女は落ち着いて唄っていますね。

放送時間は短いですが、あの収録は2日がかりです。
本番まで体力を維持して、最高潮のコンディションに持っていくのは大変なことです。
それをわかっていないと・・・(こないだの十日町で充分に思い知らされました)
緊張もあるとは思いますけど、疲れも一番ピークになるころに本番なんですよね。
プロへの登竜門でもある大会ですから、プロとしての意識もある程度備わっていないとあの場で実力は出し切れないと思います。
唄がうまいのはもちろんですが、それができてこそのグランプリなんでしょうね。

なんにしてもぞーぴんさんのグランプリはすごいことです!

改めて・・・
ぞーぴんさん、おめでとうございました!
まだ直接お祝いを言えていないけど・・・またお店で歌声聞かせてねぇ。
posted by こてちゅ at 00:04| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。