2010年10月12日

どりーむずかむとぅるー??

もっと早く書けばよかったんですが・・・
3連休、買い物したり大掃除したりでバタバタしていました。


さて。表題の件。
ことの始まりは先週の水曜日だったかな?
プロの民謡歌手であるH子姉ちゃんから電話がありました。
今月、うちの発表会があるので、連絡しようと思っていた矢先のこと。
内容は・・・お店(カラオケスナックを経営しています)でミニコンサートをやるので、伴奏してほしいとのこと。
メインは演歌なのですが、1時間程度のミニコンサートの最後に民謡を披露したいとのことで、その伴奏をおいらに・・・

ということで、金曜日に行ってきました。
前半はH子姉ちゃんが出している演歌数曲。その後に・・・
・秋田おばこ節
・南部俵積み唄
・秋田長持ち唄(お囃子)
はじめて一人(もちろん尺八の先生はいらっしゃいますが)でプロの伴奏!
まぁ、お客さんはH子姉ちゃんの身内みたいなもんですが・・・(お店のお客さんやカラオケ教室の生徒さんなど)

ぶっつけ本番の一発限りで、きんちょーしたよぉぉ。
秋田おばこは、最近ボランティアでよく弾いているので大丈夫かな?と思ったのですが、緊張していたのかなぁ、間奏で空撥しまくった。
俵積みは、お馴染みの歌詞でフルバージョン。
この唄は、いつもおいらは唄うばっかりで伴奏することは殆どないので、どうなることかと。歌詞も違うし・・・色んな唄い方があるから、歌詞を良くきかないととんでもないことになるし。
と、ほんとにドキドキしながら伴奏しましたが、止まらずになんとか最後まで。
長持ちは、どうも縁があるんでしょうか?お囃子をさせていただきました。あんまり上手なお囃子じゃないと思うんですけど・・・

なんにしても、唄いにくかったであろうおいらの伴奏でしたが、H子姉ちゃんの唄はさすがで、お客さんにも評判が良かったようです\(*T▽T*)/

あ、お客さんの中には、顔見知りの方が何人かいらっしゃって・・・この方たちは、おいらが三味線を弾くのを知らなかったようで、かなり驚いていましたが(笑)


H子姉ちゃんは、おいらが子供の頃に行っていた民謡教室で一緒だった姉弟子にあたります。
おいらが民謡をやめる頃には日本一をいくつも取って、プロになっていました。
それからずーっと会わなかったのですが、おいらが三味線を始めてから舞台でお目にかかることがあり、「練習しにおいで」と言ってくれて伴奏の勉強を2年ほどさせてもらいました。
その後、民謡教室はやめてしまいましたが、年に数回、色々な舞台でお会いしました。
その度に「頑張って勉強するのよ。いつか私の伴奏できるようにね。」と言って下さっていました。
おいらも一つの夢として、いつかH子姉ちゃんの伴奏が出来るようにと思っていました。
大きな舞台ではありませんが、夢が一つかなった瞬間でもあります。

未熟でつたない演奏ではありますが、こうして伴奏させてもらえるのは、すごいことだと思います。
もっともっと勉強して、練習して、もっと大きな舞台でH子姉ちゃんの伴奏が出来るように精進していかなければっ!
と改めて気合を入れた次第であります。
posted by こてちゅ at 13:14| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。