2010年06月08日

予選と夏祭り♪

6月ですねぇ(笑)

先日6月5日の土曜日に県の民謡協会の大会がありました。
今回は会場の都合で午後からの大会。
ま、例のごとく当日役員さんでして、おいらは11時に集合。
12時半から会場仕込み、13時から出演者受付開始(といいつつかなり早めに始めちゃいましたけど)、13時半からコンクール開始で、16時半終了なんぞというハードスケジュールでした。

一人の持ち時間70秒・・・
かなり伴奏者泣かせですorz

いつもの出演者受付は13時半まえに終了(やればできるじゃんっ)したので、K会の伴奏のお手伝いに間に合いました。
かなり心身ともに余裕のない状態でしたが・・・
今回は・・・
・生保内節
・見沼通船掘り舟唄
・紅花摘み唄
・鰺ヶ沢甚句(一人で三味線)
・シャンシャン馬道中唄
・喜代節
・鱈つり節
・武州麦打ち唄(記録保持)
の伴奏をさせていただきました。

んでもって・・・
唄はいつもの「南部俵積み唄」です。
おいらは「梅の部」って若い組で、出場予定13名(うち1名棄権)、10名予選通過です。
で、この組にうちの会から5名出場。
師匠は・・・大変だったと思います。なんせ、一人おきに伴奏に出なければならない状態。
ということは・・・はい。音あわせ、かなり大変だったことは容易に想像できます。
おいらもちょいと疲れがピークで、ここのところずーっと止まらなかった咳のせいでのどの調子もあまりよくなかったですし、何故か節回しがおかしくなってたりもしたし・・・
で、ひどい唄だったこと請け合いです(笑)
なんとか予選は通過しましたが、これじゃぁ、本選は最下位もありえますな。

と、伴奏も自分の唄もあまりにもひどい状態で、ちょっと落込み〜。
本選までにかなり鍛えないとなぁ。


さて。話は変わって・・・
今年も来ました!自治会の夏祭りのアトラクション依頼。
今年は姉弟子に手伝ってもらおうかと思っています。
今までは一人で頑張ってきたのですが、去年、姉弟子が見に来てくれて、今年は一緒にどう?と誘ってみることに。
合奏曲とか唄も入れることが出来るので、色んな人に楽しんでもらえるかな?と思っています。
こういうのを考えるのも楽しいな。
ただ・・・姉弟子との差があまりないように頑張って練習しなくちゃなりませぬが。
posted by こてちゅ at 15:51| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。